MENU

肝臓の役割を解説!現代の新常識とは?!

 

みなさん普段肝臓を意識することはあるでしょうか。
お酒を飲んだ時などには、アルコールを分解する機能がある肝臓を意識されることがあるかと思います。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれるように、機能に不調があっても、痛みを感じにくい器官です。
また肝臓は、体内で最も大きい器官です。肝臓の半分以上を切除しても、残った肝細胞が新しい細胞を作るので、肝臓が再生されます。
それ以外にも肝臓は、一大化学工場といわれるように、さまざまな代謝・化学反応を1日中止まることなく行っています。
肝臓は貯蔵庫に例えられることもあり、体を動かすのに必要なエネルギーを蓄えています。
このように多様な肝臓の機能を紹介しましょう。

 

・糖・タンパク質・脂肪の代謝
食べ物は、胃などの消化器官を通って、糖・タンパク質・脂肪は小腸から吸収されます。
吸収後、肝臓に運ばれたのち、肝臓の機能で以下のように代謝・蓄えられます。
糖…単糖類(フルクトースやガラクトース)が肝臓の機能でグリコーゲンに変換され、肝臓に蓄えられます。血液中にグルコース(糖)が少なくなっ場合には、蓄えられたグリコーゲンが分解されグルコースとなり、体を動かすエネルギー源となります。
アミノ酸→食べ物で得た必須アミノ酸から、他のアミノ酸を生成し体で必要なタンパク質を合成します。
脂肪→中性脂肪酸が、肝臓で生成される胆汁により分解されます。

 

・解毒

 

食品の一部には栄養以外にも体に害となるものが含まれています。その有害物質のほとんどは小腸で吸収されて、肝臓へ運ばれます。
有害な物質は肝臓で分解され、胆汁に溶け込み、尿や便に含まれて体外に排出されます。
代表的な例がアルコールです。アルコールは血管から肝臓に運ばれ、肝臓の機能でアルコール→アセトアルデヒド→酢酸→水・二酸化炭素に分解され、尿とともに体外へ排出されます。
また、肝臓では煙草に含まれるニコチンやタールも分解されます。ニコチンなどの分解には、肝臓がフル回転で2時間ほどかかるため、肝臓に負担がかかります。

 

・胆汁の生成・分泌
肝臓では、胆汁という肝臓で作られた老廃物、解毒物を体外に出すための消化液を作る機能があります。
胆汁は、肝臓の機能で作られたコレステロールから合成された、胆汁酸、ビリルビンやコレステロールが含まれ、1日に500〜800ml生成されます。
胆汁中には、脂肪やタンパク質を直接分解する酵素は含まれませんが、分解の手助けをして小腸から吸収しやすい形に変化させます
胆汁は、肝臓から十二指腸、小腸や大腸へと運ばれ、尿や便に含まれて体外に排出されます。

 

このように、肝臓には代謝・解毒・胆汁生成といった3つの主な機能があります。
どの肝臓の機能も体にとっては不可欠で欠かせないものですが、肝臓の機能が低下しても、自覚症状が得られにくいので注意しましょう。

 

 

 

 

肝臓は無言に進行し、気づいた頃にはすでに癌だったり、肝硬変だったりと、取り返しのつかない状態になっていることが多い臓器です。そんな臓器でも、あるサインがあり、そのサインについて詳しく解説しているお勧めサイトがあります!

 

肝臓から発せられるサインについてしっかりと理解することで肝臓病を予防することも可能です!
ぜひこちらのサイトをチェックしてみてください!

 

→管理人お勧めサイトはここからどうぞ

更新履歴